釣りとアウトドアとお出かけのおはなし。それからその写真。

水辺と写真。

グルメと観光

リゾナーレ八ヶ岳に行こう!:0歳児赤ちゃんと八ヶ岳旅行①

更新日:

今はコロナ渦でどこにも行けない日々が続いている。

しばらく海を見ていないし、どこかに行きたくてうずうずしている。

でもみんな我慢しているのだ..

僕も外出を我慢しつつ、しばらくサボっていたブログを書くことにしよう。

さて、もう半年以上経ってしまっているが、去年、2019年のハロウィン10月30日に星野リゾートが運営する「リゾナーレ八ヶ岳」に行ってきた。

我が家ではざっくり半年に一度ほど、旅行に行く。

昔はよく車中泊などしていたのだが、娘が生まれてからはある程度しっかりした宿泊施設じゃなきゃ不安なので宿選びは慎重に行う。

リゾナーレ八ヶ岳とは?

そして赤ちゃん向けの宿泊施設を調べていたときに見つけたのがリゾナーレ八ヶ岳だった。

親戚が軽井沢在住なのもあって、星野リゾートは幼い時から馴染みが深い。

スノーボードなどで軽井沢に行くことも多いのだが、その時は必ず星野温泉の「トンボの湯」に行くほどだ。大きいけど湯船が内湯と露天の二種しかない温泉なのだが、日本で一番好きな温泉だ。

最寄りの駅には、都市型のOMOという星野が運営するホテルもできた。

大塚のOMO

そんなこともあり、星野リゾートは心から信頼していると言っても過言ではない。

一度くらい泊まってみたい、でも高そう。確かに軽井沢の星野リゾートは気軽に泊まれる価格ではない。(最近BEB5という若者向け安価型のホテルができました!こちらも行ってみたい!)

ところが、リゾナーレ八ヶ岳はそこまで高価くないのである!

今回私たちが宿泊した「ベビーウェルカム・スタンダードモダン」のプランでは朝食or昼食付き2泊3日で¥75,200だった。大人一人当たり一泊¥18,800、3歳以下は無料。

ここには後述する屋内プール「イルマーレ」の利用料や、これまた後述するが超コスパの良い朝食or昼食が含まれているのだ!

しかもプール「イルマーレ」は到着日、つまりチェックイン前やチェックアウト後も利用が可能だ。

「ベビーウェルカムプラン」とはその名の通り、赤ちゃん連れの家族に向けて構成されたプランで、おむつゴミ箱やおもちゃ、ベビーベッド、ミルク用給湯器、ベビーソープ、そしてタオルが多めなど必要なものが一通り揃ったプランだ。

周辺の部屋もこのプランの利用者が集められているようで、(お互い様なので)赤ちゃんが泣いてもあまり気にならないのがGOOD!もっとも、近くの部屋の鳴き声はわずかに聞こえる程度ですが。

さてここからは実際の旅程を振り返っていこう。

出発!

都内出発は朝の8時半。

コンパクトに行くつもりだったのだが結構な荷物量になった。

ホテルに泊まるのにこの荷物量..!

お昼には八ヶ岳パーキングエリアに到着。

八ヶ岳のSAに到着!

中央道経由で行ったが空いていて快適だった。

八ヶ岳パーキングエリアでは何も食べずに、そのまま山梨県立「まきば公園」に移動。

まきば公園に寄り道!

ここは入場料がかからず、羊やポニーなどの動物と触れ合える県立の公園だ。

まきば公園の管理棟。レストランもこの中。

天気も良く、素晴らしい景色だった。

とっても近くで触れ合える!

本当に近くで動物を見ることができるが、草の上にかなりの頻度で落ちているう○こには注意したい。

この距離感で羊の群れに会える..!

一通り遊んだ後、まきばレストランに移動。

ソーセージ盛り合わせと、妻はパスタ僕はミックスグリルを注文。

県立なだけあって、可能な限り地元食材を使用しているようだ。

どれも非常に美味で、店員さんのサービスも良かった。窓際の席に通していただいたのだが、眺めも良く居心地の良い店でした。

なんだかんだチェックイン時間の15時に近づいてきたのでホテルに移動。

リゾナーレ八ヶ岳に到着!

チェックイン待ちの人が結構います。見た感じほとんどか子連れの家族。

ホテルマンは人数が多いのですぐに対応してもらえます。

フロントは広々として落ち着いた雰囲気。さすが星野リゾートです。

それに引き換え、外装はなかなかに年季が入った感じのところもある。

元々は違う会社が運営する、マリオベリーニというデザイナーが手がけた会員制ホテルだったようだ。オープンは1992年。僕と同い年の施設だ。そりゃ古くもなるか。

実は星野リゾートの運営1号のホテルらしい。軽井沢がベースじゃなかったんか..!

2017年に改装をしたばっかりのようで、ほんとに内装は綺麗。

手続きを終えると、部屋まで案内してくれます。

部屋は228。

窓からは敷地内のショッピングモールみたいな「ピーマン通り」がとってもよく見えます。

228号室からの眺め。

ちょうどハロウィンだったので所々カボチャが置いてあります。

夕食は敷地内のレストランへ!

少し休憩した後、ピーマン通りを散策。

ピーマン通りにはカボチャが並んでいた。

今日の夕飯はピーマン通りで済ませます。

迷った末に決めたのは地元食材が食べれられる「ベジビエ」。

「ベジビエ」の店内。明るくゆたっりした空気が流れる。

名前の通り、鹿や猪などのジビエ料理や地元産の野菜、チーズなどが食べられる。

ここではとっても濃厚なブドウジュース(夫婦そろってアルコールに弱いのでワインが飲めない..!)と

地元のソーセージや野菜を使ったラクレットチーズがけグリル、

地元のソーセージや野菜を使ったラクレットチーズがけグリル、

豚のリエットがついた、夏野菜の焼きラタトゥイユ?、

そして信州サーモンのパン塩釜焼き?

をいただきました。

比較的リーズナブルな価格で地元食材を食べることができて非常に満足できました!

特に野菜のグリルはとっても美味しく、リエットと野菜上のソースのようなもののバランスがすばらしくよく調和して感動しました。

食事が終わると外はすでに暗くなっていました。

ハロウィン前なので装飾や非常に鮮明なプロジェクションマッピングなどがあり、道ゆく人々が足を止めて楽しんでいます。

ピーマン通りはハロウィンの空気で楽しげな雰囲気!

そんなこんなで1日目は終了。

朝早かったこともあってすぐに眠ってしまいました。

明日は朝食食べたり、いよいよプールに入ります!

まとめ

・まきば公園は無料で楽しめる良施設!(ただし落ちている糞に注意!)

・リゾナーレ八ヶ岳は赤ちゃん専用プランもあり0歳児連れでも安心!子連ればかりで気持ちも楽!

・敷地内の全てが星のリゾートクオリティで綺麗!

・ピーマン通りは比較的大人しめの空気だがゆっくりできる。

・ベジビエはリーズナブルにご当地食材が楽しめてオススメ!

-グルメと観光

Copyright © ‘2020’. 水辺と写真。 All Rights Reserved.

Copyright© 水辺と写真。 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.