釣りとアウトドアとお出かけのおはなし。それからその写真。

水辺と写真。

ガジェット

ANKER PowerCore Ⅲ Fusionレビュー!: USB-C入力に対応していないのが難点...

更新日:

僕が初めてモバイルバッテリーを購入したのはいつだっただろうか..

おそらく高校の時、PSPのモンスタハンターポータブルシリーズが流行っていた頃だ。

当時、まだガラケーが全然主流だった頃、モバイルバッテリーという存在はまだまだマイナーな存在だった。

放課後にPSPでひと狩行くには、コンセントのある場所を探さなければいけなかった。

そんな時に、ビックカメラのゲームコーナーで見かけたどこかのメーカーのモバイルバッテリーこそ、僕が初めて買ったモバイルバッテリーだった。

コンセントがなくても充電できる..!その便利さにみんな驚いた。モバイルバッテリーはみんなの狩猟ライフを救ったのだった...

さて、そこから私はモバイルバッテリー沼に見事にはまっていった。

今までに買ったモバイルバッテリーは軽く20個を超えているだろう。

大容量型や、コンセント一体型、スリム型などほんとに色々買った。

中でも、比較的最近買った100WのAC出力ができる【Omin Chage】シリーズはお気に入りだ。

クラウドファンディングで購入した製品なのだが、非常に品質も良く後続で出たUSB-Cに特化したモデルも購入し、運用している。

問題は、大きくて重い。これに尽きる。

USB-Cで小型で、かつコンセントが内蔵されACアダプターとしても使えるモバイルバッテリーないかな..と思っていたところに発売されたのが、【ANKER PowerCore Ⅲ Fusion 500】だ。たまたま調べていた時に発売を知った。毎度のことながらタイミングがいい。

予約受付のタイミングで発見し、Amazonの初回ロット割引で買えた。価格は2872円!

USB-Cのモバイルバッテリーとしても、ANKER製品としてもかなり安い。

予約してから数週間後、発売予定日より若干早く商品が到着した。

発売日前に届くのは少し予想外だったが、嬉しい。

さっそく中身を見ていこう!

写真レビュー!

最近よくある、封のされていないビニールに納品書とともに入った梱包。

箱は至ってシンプルです。

裏面もすんごいシンプル。ちょっと情報少なすぎません?

中身もシンプル。本体、マニュアル、巾着袋のみ。

本体はMacBookシリーズの純正充電器のような見た目。

白いプラスチック製で若干チープな雰囲気。とってもツルツルです。

そして想像よりずっと軽い!実測180gでした。

PSEマーク等はしっかり表記があります。さすが最大手って感じ。

いつの間にかANKERはモバイルバッテリー最大手になってましたよね。

セブンイレブンでも取り扱いが始まるみたいですし。

プラグを出すとこんな感じ。特に特徴はないですね。

表面はUSB Type Cが1ポートにUSB Type Aが1ポート。

操作系はボタン一つのみ!とことんシンプルな仕様です。

インジケーターもボタンの部分にあります。

ボタンを一回押すとON。2回押して緑に光ると低電力モード。

インジケーターは4段階で電池残量を表します。シンプル。

巾着は少し大きめ。ケーブルも一緒に収納できますね。

質感はスエードみたいで結構いい感じ。

USB-PD対応なので、ケーブルや機器が対応していれば高速充電ができます。

iPad Proにもしっかり対応。

5000mAhなのでiPad Proを1回弱充電できるはず。

コンセントに挿しつつ充電すると、機器を優先して給電する仕様。

ACアダプタとしても運用できるので、これはいいですね。

機器の充電が完了すると本体も充電されます。

USB-Cからの入力には残念ながら非対応...

試しにiPad Proの純正充電器を刺してみましたが反応なし。(一応、真似しないでください。)

これだけが唯一の残念ポイントかな..

まとめ

・ANKER PowerCore Ⅲ Fusion 5000は普段の持ち歩きに最適!

・これ一台とケーブルさえあれば怖くない。

・USB-Cからの入力(充電)に対応してないのが残念!

次回作はぜひUSB-Cからの充電に対応して、できれば10000mAhくらい欲しいかな!

-ガジェット

Copyright © ‘2020’. 水辺と写真。 All Rights Reserved.

Copyright© 水辺と写真。 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.