釣りとアウトドアとお出かけのおはなし。それからその写真。

水辺と写真。

アウトドア

whole earth ホールアースのテント:EARTH DURA W ROOM購入。

更新日:

使用レビューはこちら!→レビュー

最近友人がキャンプ場で働き始めたのを機に、本格的にキャンプに行くことが多くなった。

 

そこでテントを新しく購入しようと思い、エルブレスへ。

今まではアマゾンのタイムセールで買った安い傘型のワンタッチテントを使用していた。

その商品も悪くなく、設営撤収も非常に楽だったのだが、寝てるときに非常に暑いのが欠点だった。

 

もともとスノーピークの製品が好きでちょうどエントリーパックTTも発売されたし、

展示されているエントリーパックのテント"ヴォールト"もいい感じだったのでそうしようと思っていたのだが..

ふと隣に展示してあったテントが目に止まった(目に入ったというか巨大なので見過ごしていた..)。

 

ホールアース..?あんま見たこと無いメーカーだが、そのテントはクリーム×ブルーのカラーリングで美しくかっこよかった。

画像は公式ホームページより

 

EARTH DURA W ROOM

"

●簡単設営! ハイグレードなオールインワンテント
●エントリーモデルのWroom
●設営のしやすさを追求した大型テント
●カラーアシストSystemによりポール、スリーブ、ポールジョイントの各部分が同色に色分けされているので、設営する際に迷う事がありません
●一人でも設営を可能にした、Quick UP Easy Pin
●暑い日でも安心のシルバーコーティング
●フレームは超々ジュラルミンA7001を使用し軽量でしなやか
●インナーテントを取り付けて、寝室、リビング一体型の大型テント
●フライシートのみを使用した大型リビングシェルターとして使い方は様々

公式ホームページより"

 

なるほど..暑い日にも強いシルバーコーティング。

いいね。そして何より室内空間(全室部分)がめっちゃ広い!

多分スノーピークのランドロックと同ランクのテントだ。

ランドロックは15万以上するテントなのでちょっと手が出ない(オプションの特注カラーフレームだけで9万円とかいうスノピらしさ全開のテント)。買えるなら欲しいけども。

 

見てみると、このEARTH DURA W ROOMはセールでインナーマットとシートセットで6万を少し切るくらい。

 

でもタープも付いたスノピのエントリーパックTTはさらに安い5万ちょい..

 

うーん...めっちゃ悩む..

たぶん3時間くらいヴォールトとEARTH DURA W ROOMの間をいったり来たりして悩んでたと思う。

 

友人によるとヴォールトはかなりユーザーが増えて来ているらしい。

アメニティドームからの買い替えや新規ユーザーにかなり好評らしい。

人とかぶりたく無い訳では無いが、あまりにもユーザー数が多いテントはサイト内で見失うかもしれない。

 

それに、やはりEARTH DURA W ROOMは全室の広さが全然違う。

ヴォールトは全室狭めでインナーテント広めといった感じだが、EARTH DURA W ROOMの方は前室がメインといった感じ。

説明文にも"オールインワンテント"とあるのでおそらくタープ不要を売りにするほど前室が広いのだと思う。

何よりも違うのは、前室の高さ

 

ヴォールトはやや屈まなければならないが、EARTH DURA W ROOMは2mほどの天井高があるので

まっすぐ立ってもなお余裕の高さがある。

 

妻(身長145cm)も前室の広さ、高さが気に入ったようで(その身長で高さ気にするんかい..)

 

結局EARTH DURA W ROOMと、合わせてEARTH FREELY OCTA TARP購入。合わせて8万くらいかな..

まあキャンプ中の家になる訳だしね。妥協はしちゃいけない(自己暗示)。

 

オクタタープは一般的なヘキサタープよりも頂点が多く多彩な張り方が可能で日陰の面積も広く取れる、いい感じのタープ。

ただ、実際に立ててみるとこの組み合わせはかなりオーバースペックで、フリーサイトの時にはいいですが区画サイトだと入らない可能性が高いです。

もっとも、タープがなくても快適に過ごせるサイズ感ですがね。

 

仕舞寸法は思ったよりもコンパクト。

軽自動車でも楽々入ると思います。ただ、重量はややあるので徒歩は厳しいと思います...

 

まとめ

 

・ホールアースは製品は基本コスパ良し。

・EARTH DURA W ROOMは2m前後の高い天井高が魅力。屈まずに中で直立可能!

・前室ポールで幕を立ち上げればかなり広いリビング空間(ちなみに付属フライポールは200cm)。

 

総合的にとってもいいテントだと思います。

あと、どこにも記載されていないのですがフライシート(アウターテント)にスカートがついているので

風雨をより強固に防ぎ、冬季の防寒も期待できます!

 

 

実際に張ってみたレビューは次回

-アウトドア

Copyright © ‘2020’. 水辺と写真。 All Rights Reserved.

Copyright© 水辺と写真。 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.